【指原莉乃】コンサートでHKT涙の卒業 注目の場で再びNGT問題に苦言

昨年、2018年には安室奈美恵さんや小室哲哉さんなどの大物アーティストの方々が引退されました。

そして2019年4月28日には、次世代のAKBグループを牽引してきたHKT48の指原莉乃さんの卒業コンサートが、横浜スタジアムで行われました。

いまやバラエティへの出演だけでなく、自らがアイドルグループをプロデュースなど多岐にわたって活動の幅を広げている指原莉乃さん。

今回はそんな指原莉乃さんの卒業コンサートについてまとめてみました。

指原莉乃さんの経歴

今現在、指原さんのことを知らない人の方が少ないと思いますが簡単な略歴を載せたいと思います。

経歴
  • 1992年11月21日生まれ
  • 大分県大分市出身

2007年

  • AKB48 第二回研究生(5期生)オーディションに合格

2008年

  • 正規メンバーに昇格し、チームBへ正式に加入。
  • 「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入り。

2009年

  • AKB48 13thシングル 選抜総選挙では27位でアンダーガールズ入り。

2010年

  • AKB48 17thシングル 選抜総選挙 では19位で総選挙初の選抜入り。

2011年

  • AKB48メンバー初の単独冠番組 さしこのくせに〜この番組はAKBとは全く関係ありません〜 がTBSと大分放送で放送開始された。
  • AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011 において、大島優子・北原里英・横山由依と4人で新ユニット「Not yet」を結成し、3月16日に「週末Not yet」でデビュー。
  • AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」では9位で、メディア選抜に選ばれる。
  • 笑っていいとも! の水曜日レギュラーとして出演(2012年4月から月曜日レギュラー)。2014年3月31日の同番組最終回スペシャルまでレギュラーで出演。

2012年

  • 4月18日、大分市観光大使に就任。
  • 5月2日、ソロデビューシングル「それでも好きだよ」を発売し、オリコンデイリー1位を獲得。
  • AKB48 27thシングル 選抜総選挙では4位に入り、選抜メンバーに選ばれる。
  • AKB48のオールナイトニッポンにおいて、週刊文春によって過去に元ファンの男性と交際していたと報じられたことに関して、事実でないことも記載されていると語ったが、その男性が友人であったことは認め、ファンや関係者に向けて謝罪した。プロデューサーの秋元康は「明日から」HKT48に移籍するように命じた。

2013年

  • AKB48 32ndシングル 選抜総選挙 では当時の最高獲得票数 1位を獲得し、初のセンターポジションに就くこととなった。
  • ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013において、「最も笑顔が輝いた著名人」に選出された。

2014年

  • 雑誌『VoCE』により、 「2013年もっともビューティな人」THE BEST BEAUTY OF THE YEARに選ばれた。
  • AKB48 37thシングル 選抜総選挙では2位となる。

2015年

  • 大分市観光大使に再任(任期3年)される。
  • AKB48 41stシングル 選抜総選挙 では最高獲得票数獲得し、2年ぶりに1位となる。

2016年

  • AKB48 45thシングル 選抜総選挙でAKB48の選抜総選挙では史上初となる2連覇を達成した。

2017年

  • AKB48 49thシングル 選抜総選挙でAKB48の選抜総選挙では史上初となる3連覇(通算4回目)を達成した。

2018年

  • 、TOKYO DOME CITY HALLで行われたHKT48の単独コンサートで、グループからの卒業を発表。

2019年

  • 横浜スタジアムで『指原莉乃 卒業コンサート 〜さよなら、指原莉乃〜』を開催し、同日をもってHKT48を卒業。
  • マリンメッセ福岡で「指原莉乃大感謝祭」を開催予定

 

こうして改めて経歴を見ると様々な記録を達成していますね。

卒業が惜しまれるのもうなずけます。

秋元康さんから贈る言葉

4月28日には横浜スタジアムで「指原莉乃卒業コンサート」が行われ、AKB48グループの総合プロデューサーの秋元康さんが指原さんへのコメントを寄せました。

「AKB48とは高橋みなみのことである」と言ったことがあります。決して、器用ではない高橋みなみが夢のためにただひたすら努力する姿が、まさにAKB48のコンセプトだったからです。そして、今は「AKB48とは指原莉乃のことである」と言えるでしょう。引きこもりで落ちこぼれだったアイドルヲタクの少女が一念発起して自らがトップアイドルになり、後進を育てるプロデューサーになったんですから。

指原莉乃はなぜ、逆境からここまで上り詰めたのでしょうか? 彼女と一緒にいると、いつも、歌を口ずさんでいることに気づきます。AKB48グループだけでなく、その時のお気に入りのアイドルの曲を口ずさんでいるんです。辛い時も悲しい時も寂しい時も、もちろん、楽しい時も。彼女にとってはアイドルが全てなんです。“自分が好きなものをずっと好きでいたい”。そんな単純なことが彼女をここまで頑張らせた原動力だと思います。

指原莉乃はAKB48グループを卒業しますが、彼女は生涯アイドルです。お疲れさまでした。そして、これからも頑張れ。

出典:日刊スポーツ

常に指原さんの努力を近くで見てきた秋元さんだからできるコメントですね。

コメントを受けた指原さんは涙を流しながら、卒業スピーチで応援してくれたファン、共に高めあってきたメンバー、ここまで育ててくれた秋元さんへの感謝の気持ちを語っていました。

また先に卒業したメンバーからも祝福のコメントが上がっていました。

 

こちらまで目頭が熱くなってきますね。

一方ではAKBグループの今後についてに質問されたときはNGT48についての発言もしていました。

NGT問題に苦言

NGT問題ではこんな発言をしていました。

「実際に私も会社の人たちに、どうしたらいいのか、こうすることはできないんですかと、何度も声を上げた」と告白した。しかし「私一人の力では動くものではないんだなと社会、会社の厳しさに改めて気づいたし、もっと自分に何かできなかったかなと思う」と無念さをにじませた。その上で「本気で変えたいのなら、一から作り直さなければいけないと思っています」と改めて強調。そして「限られてはいますが私にできることがあれば手伝いたい」と話した。

出典:スポニチ

一人の力では動かすことができなっかたと悔しさをにじませたコメントを残していました。

いまや国内で最大級の女性アイドルグループにまで成長したAKBグループ、ファンに夢や希望を見せる立場なだけに一刻も早く問題を解決して欲しいものですね

まとめ

  • 4月28日指原莉乃さんがHKT48を卒業。
  • 秋元康さん「AKB48とは指原莉乃のことである」
  • 一方で指原莉乃さんがNGT48へ苦言「一から作り直すしかない」

指原さんがHKTを卒業したのは名残惜しいですが、これからの活躍に期待したいですね。

AKBグループは恋愛禁止でも有名なので、11年間アイドルとして頑張ってきた指原さんにはこれから女性としての幸せも掴んで欲しいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です