平成最後に北川景子らセーラー戦士が集結!夫DAIGOが語る男前な一面とは?

平成も残すところ後数時間になりました。

世間では”平成最後の◯◯”という声がよく聞こえてきますが、芸能界でも北川景子さんや泉里香さんが参加した”平成最後のセーラー戦士の会”が開催されたみたいです。

セーラー戦士の会とは一体どういったものなのでしょうか。また今回は夫のDAIGOさんが語る北川さんの男前エピソードがありましたので合わせてご紹介したいと思います。

平成最後の”肉納め”

セーラー戦士の会とは、2003~04年のTBS系ドラマ『美少女戦士セーラームーン』で共演したセーラーマーズ役の北川景子さん、セーラージュピター役の安座間美優さん、セーラーマーキュリー役の泉里香さん、セーラームーン役の沢井美優さん、セーラーヴィーナス役の小松彩夏さんがそれぞれの誕生日やお祝い事などで集まり、食事会などをする会のことみたいです。

今回集まった4月29日は”平成最後の肉の日”だったため、肉納めをしたと安座間さんがインスタグラムでつづっています。

また小松さんは自身のブログでこうつづっており

昨日は久しぶりに戦士5人が揃いました♡
平成最後の肉の日(29日)に大好きなお肉をいただきました♡
ちょこちょこ個々で会ったりは
してたけど5人揃ったのは久しぶり♪
やっぱりなんともいえない安心感。
私たち、人生の半分以上一緒にいるねー!!
なんて笑って話してたけど、業界の友達というよりは、本当に幼馴染のような関係だと思います。
戦士がこの5人で本当によかった。

出典:小松彩夏オフィシャルブログ

フォロワーからは「相変わらず美人しかいない」「ずっとずっと大好きな5人です」「平成最後の癒しをありがとうございます」という声が上がっています。

15年経ってもかわらない関係性や5人とも当時と変わらずお綺麗なのがすごいですね。

DAGOさんが語る北川さんの男前な一言とは?

 

タレント、ミュージシャンであり北川さんの旦那さんでもあるDAIGOさんは、日本テレビの『メレンゲの気持ち』に出演した際に北川さんについてこう語っていたみたいです。

北川について「美しさに、まだ慣れていないんです」とのろけたDAIGOだが、自宅でのテレビ録画については、2人の意見が合わないのだという。

自身が出演している番組の録画をとっておきたいというDAIGOに対し、北川については「自分の出た番組はバンバン消してくれって。『観ないし、とっておく必要はない』って感じで」と、消去するタイプだと説明。高視聴率を記録した北川主演の同局1月期ドラマ「家売るオンナの逆襲」も同様で、「消していいよ」と言ってきたという。

DAIGOは「とっておこうよ」と提案したが、その際の返答は「ドラマを観てくれている人の心に残っていればそれでいい」だったとか。

出典:スポニチ

北川さんの女優としてのプロ意識がとてもかっこよく感じます。

ちなみにDAIGOさんは北川さんに『あらためて、ついて行こうと』と思ったみたいです。

普段からロックミュージシャンテイストを掲げるDAIGOさんにそう思わせてしまう北川さんの一言はとても男前ですね。

まとめ

  • 4月29日に北川さんら元セーラームーンメンバーで平成最後の戦士の会が行われました。
  • DAIGOさんが北川さんの男前な一言を語ってくれました。

平成31年の4ヶ月は悲しい事件や事故のニュースが多々ありましたが、平成最後にこういう明るいニュースで締めくくれるのは嬉しく感じました。

令和になっても毎日が明るいニュースで溢れていること祈っていたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です