ダイエット中にも、会社での飲み会などで付き合いでの飲酒や
普段の生活でお酒を飲まれる方などは、
お酒とうまく付き合っていく必要があります。
何も考えずに飲酒することは間違いなく肥満不可避です。
そこで今回はダイエット中のお酒との付き合い方について
紹介していきたいと思います。

なぜお酒は太るのか?

お酒が太る原因としてお酒に含まれるカロリー糖質が影響しています。
お酒単体でのカロリーは、エンプティーカロリーとよばれていて
体にたまりにくく脂肪となりにくいと巷で噂されています。
実際にこれは間違っていて、
お酒のアルコールは優先的に分解されますが
摂取したカロリーはしっかりと体に蓄積されていきます。
そしてお酒に含まれるアルコールは多くのカロリーとなり
食べ物以上に飲み物は摂取過多になりがちです。

またお酒を飲む際は、おつまみも同時に食べる場合が多いと思います。
その場合に更に太る要因が増えるということがいえます。
アルコールの作用で食欲が麻痺してしまい
ついつい食べ過ぎてしまうということも経験があるのではないでしょうか?
翌日体重計に乗ってみると1日で1kgなど
体重が増えているということもあるかもしれません。
まずはどういったお酒が太りやすいかを理解しましょう。

各種お酒のカロリーと糖質

まずはこちらの票をご覧ください。

お酒のカロリーと糖質の表
画像引用元 http://enjoydiet.net/alcohol-carb-cal-chart/

注目すべき点として蒸留酒の糖質とカロリーの低さです。
ダイエット中の飲酒はそれらを中心に飲むと
体に余分な脂肪が付きにくいです。
糖質もカロリーも高い梅酒などは摂取を控える必要があります。
飲酒する際は、こちらの表を上手く活用して
カロリーと糖質を計算して抑えることをお勧めします。

太らないためには?

お酒を飲む前に牛乳など胃に何かを入れておくといいでしょう。
毎日飲む方は週に1,2回は休肝日を設けましょう。
蒸留酒を水割りなどで飲むのが
太りにくいアルコールの取り方になります。

蒸留酒の代表として
焼酎、ウィスキー、ウォッカ、ブランデー
などが挙げられます。

おつまみのお勧めとしては、アルコールの分解を
促す効果のある大豆製品のものや野菜類、
かみごたえがあって量が抑えられるものを選ぶといいでしょう。

適量飲むのは体にいい?

過度に摂取するのは食べ物もアルコールもよくないのですが、
適量の摂取は、代謝の増加や美容にもいい影響があります。
また、ストレスの解消といった意味でも
お酒と上手く付き合うことで大きなメリットとなります。

ビール 500ml(ジョッキ1杯)
日本酒 200ml(1合)
ワイン 250ml(グラス2杯)
ウィスキー 100ml(グラス1杯)

1日のアルコール摂取量の適量の目安になります。
このアルコールの量を意識して
上手くお酒と付き合っていくようにしましょう。

おすすめの記事