人は見た目が9割
という言葉をご存知でしょうか?
人は見た目が9割 本
「私は見た目ではなく、中身で判断する」

という意見もあるかもしれませんが、
実は大半の人が見た目で相手の印象を決まるということは
多くのメディアで発信されている事実です。

人は見た目が9割どころか10割!?

人は見た目が100% ドラマ
こんなタイトルでテレビドラマもあるほど
見た目が与える印象というのは絶大です。

また、容姿によって得られる結果が変わるということが言えます。

見た目が重要 テレビ番組

SN3B0153

企業が採用する人材は容姿が大きく影響することを
放送した番組が就活する学生などの間で大きな話題を呼んでいるようです。
そして、実際に容姿とその人の収入が比例するといったようなデータも
海外では存在するようです。

 メラビアンの法則について
アルバート・メラビアンという、アメリカの心理学者が提唱した理論であり
人が人と出会いその場合の判断基準として
Visual=視覚、Vocal=聴覚、Verbal=言語の3つから判断するというものです。
その割合として
視覚=55%、聴覚=38%、言語=7%
であるということも同時に唱えられています。

結局見た目がほぼすべてならあきらめるしかないのか?

上に挙げたように見た目で人生が左右され
生まれた瞬間に自分の人生が決められてしまうのであれば
あきらめてしまうかもしれません。
しかし、努力や工夫次第で相手により良い印象を与えることは可能です。
これからそのことについて紹介していきます。

足の裏から人間になる方法がわかる動画


ビフォーアフターで見ればわかる通り
メイク次第で顔の見た目を変えるということは可能です。
これはある意味女性であることの武器であるともいえます。
手間を惜しまずにメイクをすることで相手に与える印象は
大きく変わることは間違いありません。

簡単に実践できる会話する際のテクニック

1.笑顔でいることを心がけましょう。

不愛想な無表情の場合と笑顔の場合ではどちらがいい印象なのか
というのは言わずもがなですね。

2.会話の際にはうなずきを意識しましょう

うなずきには親和的な印象と、さらに同意賛成の意味があります。
受け入れてもらっているという感覚を相手に持ってもらうことができ
会話が弾みやすい傾向にあります。

3.相手のまねをする

会話などの際に、相手を所作をまねすると相手に話しやすい印象を与えます。
真似は類似性魅力理論という科学的根拠があり相手に好感を与えます。

4.相手の言葉も繰り返す

相手の言葉を繰り返すことで
自分の話を聞いてもらっているという印象を与え
相手が自分のことを受け入れてもらっていると感じやすくなります。

見られている意識を持つことが重要!

見た目が相手に与える印象が大きいということと
印象をよくするためのテクニックを紹介しましたが
それと同時に普段からみられる意識を持つことで
それが見た目や印象に大きくかかわっていきます。
見られている意識、よく見られたいという心理が働くことで
それが言葉づかいであったり諸々の所作であったりと
いたるところで差が出ていきます。

逆にみられている意識がない人というのは、
ずぼらでだらしがない場合が多く、
そういった人は相手には悪印象を与えてしまいます。
まず見られている意識をもって
普段の生活から見直してみるのもいいかもしれませんね。

おすすめの記事